【企画コース】養護教諭・子ども教育関係者のためのAHA-PEARS(小児傷病者評価・病態安定化)コース

看護師向けの急変対応・観察・アセスメントトレーニングとして定評のあるAHA PEARSプロバイダーコースを、養護教諭・子ども教育関係者に向けてアレンジし開催します。

ハートセイバー・ファーストエイドコースや、傷病者対応コースでは、非心停止対応として、生命維持の基本である「呼吸・循環・神経系」に着目した観察と傷病者評価(アセスメント)の基礎を教えています。

その傷病者評価をより深く掘り下げて学ぶのがPEARSです。

【酸素の流れを追いかければ命を守れる】

人が生きる上でもっとの重要な要素は「酸素」です。

大気中の酸素が、呼吸によって体内に取り込まれて、細胞にたどり着く過程が阻害されると人は命を落とします。

そのしくみを生理学的に理解し、酸素の流れを上気道(口・鼻~喉)、下気道(気管から細気管支)、肺実質(肺胞)、血液・循環機能、そして呼吸をコントロールする脳の機能に着目して、どこが傷害されているのか、どうしたら生命維持をサポートできるかを学びます。

【第一印象とA-B-C-D-Eアプローチ】

PEARSでは、第一印象として、意識・呼吸・顔色をざっくりと評価し、心停止を含む生命危機を判断します。その後、医療界でA-B-C-D-Eアプローチ(一次評価)と呼ばれている「気道→呼吸→循環→神経学的評価・全身観察」という酸素の流れを追いかける体系的な観察手法で、命に関わる問題を探ります。

【本物の小児傷病者映像から学ぶ】

本コースは、病院内での実際の小児傷病者映像を使用しています。
その映像から、見た目、顔色、全身観察、バイタル情報から傷病者評価を行い、安定化を図るためにはどうすればいいかを考えます。

【アメリカ心臓協会(AHA)認定カード発行】

世界の蘇生教育の最前線を行く、アメリカ心臓協会(AHA)の正式なコースとして実施いたします。コースを修了し、試験に合格すればAHA PREASプロバイダーカード(Webで表示・確認できるeカード)が発行されます。《日時》
 2020年3月30日(月) 9:45~19:45《場所》
かながわ県民センター ミーティングルーム710

《定員》

4名(最低催行人数2名)

《受講対象》

養護教諭、子ども教育関係者など
※医療資格の有無を問いません。
 非医療者の方も 受講前に下に記載の事前学習が修了している事を前提に、
 お越しいただけます。

《事前学習について》

以下の事前学習(自習)を必ず行ったうえで、コースにお越しください。

 ・小児と乳児の心肺蘇生法
 ・呼吸のメカニズム
 ・生命維持とバイタルサインの関係(血圧、心拍数、呼吸数、酸素飽和度)
 ・ショックとは何か?
 ・ショックに対する代償とはなにか?

上記のテーマで、教本(PEARSプロバイダーマニュアルAHAガイドライン2015)を参考に 学習をお願いします 。またその他ネット検索や図書館の書籍や、呼吸に関しては高校の生物もしくは一般書程度、心肺蘇生法とバイタルサイン・ショックについては看護学生向けの情報源をあたってみて下さい。

《受講料》

通常25,000円→企画割引 18,000円(税込・教本別)
教本は各自でご購入ください。

 《教本について》

AHAの規定により、以下の教本のご準備が必要です。事前学習にも必ず必要となりますので、ご購入の上当日お持ちください。

PEARSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2015(参考価格 日本語版: 10,450円)
参考サイト

《実技試験》

小児の一人法CPRとAED、乳児の一人法CPRと二人法CPR

《筆記試験》

DVD映像での事例を用いた筆記試験: 30問、四者択一式

お申込みはこちらから

関連記事

  1. 講習など運営の法的リスク予防ワークショップ

  2. 第3回 ウィルダネス リスク マネジメント カンファレンス

  3. 講習/セミナー 新型コロナに対する対応について

  4. ファーストエイド基礎講習

  5. 【関連団体シンポジウム情報】心肺蘇生教育 AHA提言を読み解く

  6. 学校での死亡事例より救命講習の在り方を考える

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。