AHA-ハートセイバーファーストエイド

職業上対応義務のある方に向けた ファーストエイドコース

AHA ハートセイバー・ファーストエイドコース

<開催日程・場所>
・11月10日(土) 9:30~18:00(Forアウトドアガイドの内容で開催) 沖縄県西表島 わいわいホール
・11月18日(日) 9:45~18:30 川崎市 カルッツかわさき (最寄駅 京急川崎)
・3名以上での出張講習は随時受付中
< 定員 >
・10名 (最低催行人数2名)

<申込期限>
開催日の1週間前 ※会場に余裕がある場合は、2日前まで申し込み可能

お申し込みはこちら

コース内容

アメリカ心臓協会 AHA のハートセイバー・ファーストエイド(Heartsaver® Firstaid)コースは、職場などで起こりがちな事故やケガ、急病への対応法(応急処置)を学ぶコースです。

医療者向け心肺蘇生法講習で定評のあるアメリカ心臓協会のDVD映像教材を用いて、実際の救急現場をイメージしながら緊急事態への対応方法を学んでいきます。

規定のカリキュラムを修了すると AHA Heartsaver® First Aid Completion Card が発行され、アメリカ連邦労働安全衛生局(OSHA)基準の First Aid Status(ファーストエイド資格)が得られます。

外資系企業のファーストエイド・プロバイダーや、米国系のスポーツインストラクター(ダイビング、ヨット、ヨガなど)資格取得に必要なファーストエイド・ステイタスを満たします。

【ハートセイバー・ファーストエイドコース標準内容】

・感染防護
・救助者の安全
・通報
・問題点の見つけ方
・呼吸障害
・成人の窒息
・アレルギー/エピペン
・心臓発作
・失神
・糖尿病及び低血糖
・脳卒中
・けいれん発作
・ショック
・目に見える出血
・創傷
・目に見えない出血
・頭部、頸部、脊椎の損傷
・骨折及び捻挫
・熱傷及び感電
・咬み傷及び刺し傷
・暑さに対する緊急事態
・寒さに対する緊急事態
・毒による緊急事態

EMR財団はファーストエイド以前の傷病者評価等が非常に重要だと考えます。
また、日本の法律に照らし合わせた内容も無視できません。そこで、以下オリジナル内容を追加し開催しています。

・安全確認体験ワーク
・通報トレーニング
・ヒヤリング体験
・傷病者評価初級
・優先順位の考え方
・止血帯(ターニケット)体験
・日本での薬剤の取り扱いについて
・アレルギー/エピペン日本での事情及びエピペン実物の提示
・シミュレーション・トレーニング
・危険海洋生物(※水辺に関わる方が受講の場合)
受講対象

警察、消防、院外救護従事者、アウトドアガイド、スポーツトレーナー、ライフガード、学校教職員など業務上対応義務のある方

受講条件

AHA ハートセイバーファーストエイドコースに受講条件はございません。

受講料

11,000円(認定カード込み、教本別)

修了カード

Heartsaver® Firstaid カード

お持物

ハートセイバーファーストエイドCPR AED受講者ワークブック2015日本語版(予めご購入いただき熟読ください)
・昼食(1日完結で実施の場合、まとまった昼休憩を取りませんのでご持参をお願いいたします。)
・動きやすい服装(スカートでのお越しはご遠慮ください)
・筆記用具

 

お申込、お問合せはこちらから