教育及び講習に関わる事業

《2019年度》 講習等開催回数 71回   累計受講人数 502人
《2018年度》 講習等開催回数 43回   累計受講人数 268人

過去の主な開催コース
・アメリカ心臓協会(AHA) ハートセーバー ファーストエイド
・アメリカ心臓協会(AHA) ハートセーバー ファーストエイド For 救命士・看護師
・アメリカ心臓協会(AHA) ハートセーバー ファーストエイド For アウトドアガイド(企画開催)
・アメリカ心臓協会(AHA) BLSプロバイダー IFP   院内
・アメリカ心臓協会(AHA) BLSプロバイダー PHP 院外
・アメリカ心臓協会(AHA) ACLSプロバイダー
・アメリカ心臓協会(AHA) PEARSプロバイダー
・アメリカ心臓協会(AHA) BLSインストラクター エッセンシャル
・アメリカ心臓協会(AHA) ACLSインストラクターエッセンシャル

 ・EMR財団認定         アレルギー・エピペン
・EMR財団認定       アレルギー・エピペン With 小児BLS基礎
・EMR財団認定        乳児・小児BLS
・EMR財団blood認定      成人BLS   
・EMR財団認定        ウィルダネス エマージェンシー ケア(野外救命)

・企画セミナー等                    傷病者対応セミナー 
・企画セミナー、依頼講習等 アレルギー 傷病者評価
・企画セミナー、依頼講習等 保育に従事する看護職が求められる役割講座
・企画セミナー、依頼講習等 止血法&血液媒介病原体講座
                                                    CPR/First Aid for English Speakers(英語で学ぶCPR/FA)
              カードゲームで学ぶ(病院外)傷病者アセスメント勉強会
              市民向け感染防護セミナー
              養護教諭・子ども教育関係者のためのAHA-PEARS
              出血とショック その理解
              保育者に”人工呼吸いらない”なんて言わないで!セミナー
              効果的な「救命講習」の組み立て方ワークショップ
              ジュニアライフセービング体験教室
              溺水を医学的に考えるワークショップ
              インストラクターのための教育工学ワークショップ等

研究及び情報発信に関わる事業

・日本蘇生学会第39回大会併設 第13回日本蘇生シンポジウム
 「救急車前救護におけるファーストエイドとその教育」出展(2020/11)
・第5回日本救急救護学会学術集会「ファーストレスポンダー教育」出展(2019/10)
・第3回ウィルダネス リスクマネジメント カンファレンス 「溺水症例」出展(2019/5)
・日本医療教授システム学会 総会学術集会「蘇生ガイドラインの変換について」発表(2019/3)
・東京大学海洋アライアンス 海洋教育促進研究センター 「小・中・高における海辺の安全指針」監修(2018/8)
・フジテレビ 直撃LIVE!グッディ   プールにおける熱中症報道番組への取材協力(2018/8)
・野外救命講習の医師監修化(2018/8)
・第2回ウィルダネス リスクマネジメント カンファレンス 「戦傷救護」出展(2018/5)

 

救護及び救助の実践に関する事業

《2019年度》 安全管理、救護等 累計日数 264日
《2018年度》 安全管理、救護等 累計日数 234日

過去の主な実績
・湘南国際マラソン 救護コーディネート
・さいたま国際マラソン 救護コーディネート
・横浜マラソン 救護コーディネート
・横浜国際トライアスロン 救護
・ウルトラジャパン イベント救護
・沖縄県 海岸安全管理
・東京都硫黄島 工事関係者安全管理