小児・乳児BLSコース

 

日程・場所・定員

2018年秋から公募講習開始予定。
3名以上で出張講習受付中。

< 定員 >
・10名 (最低催行人数2名)

コース内容

日本蘇生協議会(JRC)蘇生ガイドライン2015に基づいた、職業上対応義務のある方向け
小児・乳児に特化したBLS(心肺蘇生・AED)コースです。

日本において開催されている一般的なBLS講習は、成人を前提としています。
しかし小児・乳児の心停止においては、成人と同じ考え方では対応しきれない場合があります。
最近の裁判例では、職業上対応義務者が、蘇生ガイドラインに記載の小児・乳児BLS(PBLS)
を実施しなかったことで、注意義務違反を問われています。
成人と小児は統計上、心停止の原因に大きな違いがあります。
当然、BLSにおける考え方も異なる部分があります。

本コースでは、小児・乳児に特化したBLSトレーニングを実施いたします。
・心停止の判断
・小児、乳児のマネキンを使用した心肺蘇生トレーニング
・感染防護機材を使用した人工呼吸のトレーニング
・AEDの使用

※以下医療者又は熟練者講習の場合に追加
・脈拍触診(呼吸なし、徐脈時の判断)
・補助呼吸

受講対象

学校教職員、保育・幼児関係職員、アウトドアガイド、スポーツトレーナー等

受講条件

小児・乳児BLS(PBLS)に受講条件はございません。

受講料

4,000円(認定カード込み、教本別)

修了カード

EMR財団 アレルギー・エピペン修了証

お持物

・動きやすい服装(スカートでのお越しはご遠慮ください)
・筆記用具

 

お申込、お問合せはこちらから