講習/セミナー 新型コロナに対する対応について

2020年2月22日現在

2020年2月20日、厚生労働省より イベントの開催に関する国民の皆様へのメッセージ が通達されました。

これを受けまして、一般財団法人エマージェンシー・メディカル・レスポンダー財団では以下の対応を実地いたします。

《講習・セミナーの開催中止について》

原則として講習・セミナーは下記の対策のもと予定通り開催いたします。
ただし、関わるスタッフが発熱・嘔吐・咳などの体調不良となった場合、その程度に関わらず中止の判断をさせて頂く場合がございます。
また、新たに政府からの発表等があった場合はその発表に準じた対応を実施いたします。

《対策について》
・スタッフ、受講者の皆様関わらず、受講前入室前に手洗いと手指用消毒液の使用を必須とさせていただきます。
・受講者の方には開始前に体調をお伺いし 、発熱・嘔吐・咳などの体調不良が認められた場合は、原則として当日入室をお断りいたします。
・講習に使用する機材は、その都度洗浄を行います。
 また、体液等付着しやすい心肺蘇生トレーニング人形等は、洗剤での洗浄とともに一定濃度以上の次亜塩素にて消毒いたします。

関連記事

  1. 企画セミナー「保育に従事する看護職が求められる役割講座」

  2. 講習など運営の法的リスク予防ワークショップ

  3. 2020年 新年特別企画

  4. ウィルダネス エマージェンシー ケア 野外救命ベーシック

  5. 企画セミナー「止血法&血液媒介病原体講座」

  6. ファーストエイド基礎講習

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。