【企画セミナー】英語で実践 CPR/ファーストエイド

東京オリンピックを控え、訪日する海外の方は年々増加の一途を辿っています。 
そんな中、これら海外からの旅行者、カスタマー、同僚に不測の事態が起こった時、あなたは手を差し伸べますか? 
このセミナーでは仕事や街中で海外の傷病者に対応する方CPR(心肺蘇生)やファーストエイド(応急手当)を受講したことがあり、英語で学びたい方に
必要な事をお伝えします。

日時

2019年8月27日(火)18:30~20:30

場所

横浜市市民活動支援センター4階ワークショップ広場
最寄駅 JR京浜東北線/横浜市営地下鉄 桜木町駅

https://opencity.jp/yokohama/pages/gp/idx.jsp?page_id=1773





内容

英語で傷病者対応(CPR ファーストエイド)を実践するセミナーです。

※講習は基本的に英語で進めますが、必要に応じて日本語でサポートします

受講対象

英語での傷病者対応を学びたい方
※英語に堪能でなくても大丈夫です
※基本的な救命講習受講歴のある方

インストラクター

山寺圭

在日米軍横須賀基地憲兵隊。

アメリカ心臓協会 BLSトレーニングセンターファカルティをはじめ、多くの資格を保有する。

米軍基地内に留まらず、在日の英語圏内の海外の方に様々な安全教育を行っている。

料金

2000円/1名

お申込みはコチラから

関連記事

  1. 学校での死亡事例より救命講習の在り方を考える

  2. 【企画コース】養護教諭・子ども教育関係者のためのAHA-PEARS(小…

  3. 市民向け感染防護セミナー

  4. 第3回 ウィルダネス リスク マネジメント カンファレンス

  5. 【関連団体シンポジウム情報】心肺蘇生教育 AHA提言を読み解く

  6. 保育者に”人工呼吸はいらない”なんて言わないで!セミナー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。