【企画セミナー】「効果的な救命講習の組み立て方」ワークショップ

内容

心肺蘇生法指導員向けの指導技法を学ぶ約1時間半の勉強会です。蘇生法の背景に科学があるように、人の行動を変える背景にも科学があります。

近年、特に古典的な教育学とは別に、実践に重きをおいた教育工学(インストラクショナル・デザイン)が発展し、企業や産業分野、また大学等でのファカルティ・デベロップメントなど幅広く活用されています。

教えたらできるようになるのか?

そんな教育者の根源的な問いを解き明かしていきます。

主な内容:
・成人学習理論とは?
・大人は自ら学ぶ存在 - 動機づけのARCSモデル
・救命スキルを因数分解して考える – 認知、情意、運動領域
・フィードバックとデブリーフィングの使いわけ
・講習会場と現場とのギャップをどう埋めるか?

対象

・心肺蘇生法/BLS指導にあたる立場の方(資格・所属団体、経験は問いません)

日時・場所

2019年9月24日(火)18:45~20:30
横浜市市民活動支援センター セミナールーム2
〒231-0062 神奈川県横浜市中区桜木町1丁目1-56 クリーンセンタービル 4F

JR根岸線 桜木町駅 徒歩4分

 参加費 

1,000円

申し込みはこちらから

関連記事

  1. ウィルダネス エマージェンシー ケア 野外救命ベーシック

  2. ジュニアライフセービング体験教室【日程追加】

  3. 【関連団体シンポジウム情報】心肺蘇生教育 AHA提言を読み解く

  4. 企画セミナー「保育に従事する看護職が求められる役割講座」

  5. 第3回 ウィルダネス リスク マネジメント カンファレンス

  6. 【関係団体セミナー】インストラクターのための教育工学ワークショップ等

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。