日本蘇生学会第39回大会併設 第13回日本蘇生シンポジウム

2020年11月21日に行われます、日本蘇生学会第39回大会併設 第13回日本蘇生シンポジウムで当財団が登壇いたします。

私たちは、病院前救護におけるファーストエイドと教育を主題に発表いたします。既存のファーストエイド教育を受けただけでは、事故を防げないばかりか害を及ぼす行動をとってしまうことが日常的にあることが分かっています。

それでは、そういう教育が必要なのかをここに提案いたします。

【大会名】

日本蘇生学会第39回大会併設 第13回日本蘇生シンポジウム

【参加方法】

現地参加 東京医科大学病院

又は   Webでの参加

【大会ホームページ】

http://sosei2020.umin.jp/index.html

【当財団発表のセクション】

日本蘇生シンポジウム 一般演題 「BLS、蘇生教育」 17:18~17:50

・ JRCガイドライン2020への提⾔〜⽇本蘇⽣学会の成果を世界に発信
・救急⾞前救護におけるファーストエイドと教育 
 〜エマージェンシー メディカル レスポンダー教育の開発〜
・埼⽟県川越市での蘇⽣教育導⼊の経験ー第3報ー
・COVID-19パンデミックにおける新臨床研修医BLS(basic life support)
 トレーニングの試み︓コース再設計と学習者評価の分析

関連記事

  1. 企画セミナー「保育に従事する看護職が求められる役割講座」

  2. 【関係団体セミナー】インストラクターのための教育工学ワークショップ等

  3. 企画セミナー「止血法&血液媒介病原体講座」

  4. 市民向け感染防護セミナー

  5. 第5回 日本救護救急学会学術集会

  6. 【企画セミナー】英語で実践 CPR/ファーストエイド

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。