学校での死亡事例より救命講習の在り方を考える

学校教職員であれば、ほぼ毎年 救命講習を受講しているにも関わらず、
実際の現場で適切な対応につながっていない現状があります。
まずは、学校での死亡事例を通して、なぜ、講習の内容が現場へつながらないのか問題点を検討します。
後半は、ワークショプ形式で、改善する為の今後の展望を共に考え、提言していきます。

第1部 セミナー形式 学校での死亡事例(現状と問題点検討)
第2部 ワークショップ形式 救命講習の現状と改善案の共有

【日 時】2020年4月22日(水)18:30〜20:30

【場 所】 横浜市 なか区民活動センター 研修室 1 & 2
 横浜市中区日本大通35中区役所別館
 ・JR関内駅(南口)より徒歩7分
 ・市営地下鉄関内駅(1番出口)より徒歩7分
 ・みなとみらい線日本大通り駅(3番出口)より徒歩4分
 [アクセス情報]

【定 員】 20名

【参加費】 2,000円

【対 象】どなたでもご参加いただけます。
  保育、幼稚園、学校関係者
  子どもを預かる立場の方
  養護教諭、ツアーナース
  救命インストラクター
  医師、看護師、救急救命士
  保護者、その他、ご興味のある方。

【持ち物】筆記用具

◯ お申込みはこちらから

関連記事

  1. 第3回 ウィルダネス リスク マネジメント カンファレンス

  2. ファーストエイド基礎講習

  3. ウィルダネス エマージェンシー ケア 野外救命ベーシック

  4. 【企画コース】養護教諭・子ども教育関係者のためのAHA-PEARS(小…

  5. 第5回 日本救護救急学会学術集会

  6. 【関連団体シンポジウム情報】心肺蘇生教育 AHA提言を読み解く

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。