溺水を医学的に考える ワークショップ

毎年、海・川・プール等での事故が発生しています。その事故を減らすためには、何をすればいいのでしょうか。

できることは様々ありますが、「効果的な事故防止策」もその一つでしょう。

本勉強会では、その中でも重要なポイントである「監視」と「対応」にフォーカスをいたします。

しかし、溺水を知らなければ「監視」も「対応」も非常に困難です。

そこで、「そもそも溺水とは何なのか」「身体に何が起きているのか」を知ることは重要ではないでしょうか。

本勉強会は、溺水の動画を使用し「溺れ」とは何かを医学的な側面から考え、事故の防止と対応について体験するワークショップです。

【日時】

5月24日(金)19:00~20:15

【場所】

横浜市市民活動支援センター 4階 セミナールーム2

会場案内

受講対象者】
  • 学校教職員、子ども施設関係者、ライフガード、アウトドアガイドなど
【料金】

1,200円/人

修了証等】

本セミナーは修了証等の発行はございません。

【定員・最小催行人数】

定員 8名  最小催行人数 2名

お申込みはコチラから

関連記事

  1. 【関係団体セミナー】インストラクターのための教育工学ワークショップ等

  2. ジュニアライフセービング体験教室【日程追加】

  3. ウィルダネス エマージェンシー ケア 野外救命ベーシック

  4. 第3回 ウィルダネス リスク マネジメント カンファレンス

  5. 【関連団体シンポジウム情報】心肺蘇生教育 AHA提言を読み解く

  6. 【企画セミナー】英語で実践 CPR/ファーストエイド

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。