1. HOME
  2. コース案内
  3. AHAコース
  4. ACLS(1日)
  5. AHA-ACLS(2次救命処置)プロバイダー【1日】コース

AHAコース

ACLS(1日)

AHA-ACLS(2次救命処置)プロバイダー【1日】コース

公募スケジュール

 

月日【2021年】 時間 内容 場所 募集状況 料金
7月2日(金) 9:15~20:30 ACLSプロバイダー
1日コース
カルッツかわさき
中会議室1
キャンセル待ち 33,000
9月8日(水) 9:45~21:00  ACLSプロバイダー
1日コース
カルッツかわさき
中会議室2
募集中 33,000


 

公募コースお申込みは、以下のリンクからご希望コースをご選択ください。
お申込みはこちら

受講人数お2人~大規模コースまで、施設などにお伺いしてのコース開催のお問合せ
出張依頼 お問い合わせはこちら

 

 

シミュレーション・体験学習を含んだフルコース

 

現場で役立てるためには、コース中のシミュレーション体験が必須と私たちは考えています。
そのため、シミュレーショントレーニングとそのディスカッションに重点を置いたコースを実施しています。
傷病者に接触してから、評価をし、優先順位を考え、傷病者に介入し、経過観察を行い、再評価を実施するトレーニングです。
本コースは、体系的アプローチを体験できる貴重なコースです。

 

人気のACLSコースを、1日で資格発行

 

DVD教材を使ったレクチャー、ディスカッション、シミュレーショントレーニングからなる通常2日間のコースです。
しかし、EMR財団では受講人数を絞ったうえで、必要な機材の数を増やすことで1日コースを開催しています。

1日ではございますが、全ての内容を実施いたします。更に、AHAとしては省略してもよいトレーニングを省略せずフルコースでお届けいたします。

 

AHA-ACLS(2次救命処置)プロバイダー 【1日】コース内容

 

AHA-ACLSプロバイダーコースは、成人の「救命の連鎖」の最後の2つ、二次救命処置(Advanced Cardiovascular Life Support)と自己心拍再開後のケアの導入までをカバーした高度な救命処置を学ぶトレーニングです。本コースは最新のガイドライン、G2020暫定( Interim Course)コースとして開催いたします。
日本における職務範疇としては、蘇生チームのリーダーとなる医師・歯科医師を想定していますが、質の高いCPR(BLS)の重要さと、一丸となって蘇生という目標に向かって活動するためのチームダイナミクスが強調されており、医師・歯科医師以外の医療スタッフにとっても有用なコースです。
AED操作を含めたBLSの再確認、手動式除細動器の使い方、気道管理、VF/Pulseless VT、PEA/Asystole、安定な頻拍、不安定な頻拍、徐脈、脳卒中、急性冠症候群など、心停止と心停止に至る直前状態の評価と対応を、最新のAHAガイドライン2020のアルゴリズムに沿って学びます。

 

受講対象 医師、看護師、救急救命士、その他の二次救命処置に関わる医療スタッフ
※看護学生、救命士学生の方などは、事前学習セミナーのある2日コースをご選択ください。
受講条件 医療者レベルの成人BLS、心電図、蘇生に関する薬理の知識があること。
(有効期限内のBLS認定カードを保有している必要はございません)
AHAが定めるonline事前学習(教本にURL等記載)を実施し、AHA規定の以下の書類の提出ができる方。
1.受講前準備チェックリスト(要署名)
2.必須自己評価スコアシート

標準料金 33,000円
(認定カード込み、教本別※AHAの規定により講習時に必ずお持ちください。)
標準時間 11時間30分
最低催行人数 4名
最高催行人数 4名【会場により変動あり】
認定カード
修了証 等
AHA ACLS Provider 認定eカード
※1日コース2日コースも、同一カードの発行となります。
持ち物 ACLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2015 準拠(予めご購入いただき熟読ください)
・受講前準備チェックリスト(要署名)
・自己評価スコアシート
・昼食(1日完結で実施の場合、まとまった昼休憩を取りませんのでご持参をお願いいたします。)
・動きやすい服装(スカートでのお越しはご遠慮ください)
・筆記用具
出張・依頼講習 日本全国に可能   コチラからお問合せ下さい

全てのコース公募スケジュールはこちら