ファーストエイド基礎講習

町中や職場などで、救急対応したこと、ありますか?

町中や職場などで、救急対応したこと、ありますか?

倒れた人が心停止なら、119番通報して、胸を押して、AED。これは、皆さん知っていますね?

しかし、実際の傷病者の多くは、生きてはいるけど、なにかおかしい? 具合が悪いそうだ、というケース。

例えば、

  • 呼びかけたら、うめき声だけで目を開けない!
  • うつ伏せで倒れていて動かない!
  • 呼吸が苦しそうで会話ができない
  • 一点を見つめてぼんやり。肩を叩いても反応なし

こんなとき、何をしたらいいかわかりますか?

本セミナーでは、心肺蘇生法を習得済みの人を対象に、シミュレーションを交えながら心停止以外の傷病者対応を学びます。

【日時】

2019年5月16日(木)9:30~11:30

【場所】

横浜ワールドポーターズ6階会議室
※同じ横浜みなとみらい地区の横浜市市民活動支援センターへ変更する場合がございます。場所の決定は、コース3日前くらいにお送りする直前のご案内メールにてご案内申し上げます。
 

【受講対象】

一般的な心肺蘇生法講習を受講したことがある方

【料金】

2,000円(当日ご用意ください)

【お申込】

コチラからお申込みください

【受講にあたり】

傷病者役と救助者役に分かれてロールプレイを行います。シートを敷いた床に横になる場面があります。服装にはご留意ください。また、頚椎症や腰の痛み、肩関節可動域に問題がある方は、事前にお申し出ください

関連記事

  1. 溺水を医学的に考える ワークショップ

  2. 企画セミナー「止血法&血液媒介病原体講座」

  3. 第3回 ウィルダネス リスク マネジメント カンファレンス

  4. 企画セミナー「保育に従事する看護職が求められる役割講座」

  5. 【関連団体シンポジウム情報】心肺蘇生教育 AHA提言を読み解く

  6. ジュニアライフセービング体験教室

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。